スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいにく席をはずしております



電話で
「担当者は、あいにく席をはずしております」
と言おうとして、うっかり
「担当者は、あいかわらず席をはずしております」
と言ってしまった。
しかし、いつも不在の人なので、電話の相手は納得していた。

SEE YOU NEXT TIME.


スポンサーサイト

スカート



以前付き合っていた彼女の話。
彼女が頭のいい大学に通う憧れの先輩とデートすることになり
気合を入れて、待ち合わせ場所に行くと
彼から「なんか随分スカート短いね?」と言われた上に
「スカートの短さって、頭の悪さと比例すると思うんだよね!」
と言われたらしい。

SEE YOU NEXT TIME.


生きる意味



「人は見た目じゃない」と言う。
が、私の経験から言えば、その人の言動を見ると
ほぼ実体が見えてくる。
話をすればするほど、それは鮮明になる。
はずれがない。

口がうまい人は、巧妙に人を欺く。
そういう人は、一般的に詐欺師と呼ばれている。
騙されたと嘆く人が後を絶たない。
人は根拠もなく勝手に相手を決めつけて
イメージをつけてしまうことが多い。
人見知りで臆病者は傷つくのが怖い。
だから、
口がうまい人はそこにつけこむのだ。
冷静でいれば間違わないことを
間違ってしまう。

ツライこと、悲しいこと、嬉しいこと、ムッと来ること…
生きていれば、いろんなことがある。
それが生きるということ。

笑顔を待ってる人がいる。
笑顔を求める人がいる。

それに応えるために
私は生きている。



後悔ばかり(4)



「大丈夫だよ。アナタはもう死ねなくなっている。アナタの望み通りに」
立っているのは、あの中性的な声の主だろう。
顔は見えない。
しかし色白でスッと細長い裸足の足は、声から想像される姿そのものだ。
「見えていないかもしれないけど、頭が割れて脳が半分くらいこぼれ落ちているよ」
そういって、何かドロリとした物を彼は地面から掬い上げ、頭の中に詰め込んだ。
酷い吐き気と眩暈におそわれた。
肋骨が折れて内蔵を突き破っているようで、のたうち回りたいほどの痛みを感じ続けている。
しかし身体が一切動かない。
涙が目にたまる。
たまった涙には何かが混じっているのか、白く濁っており、目に染みる。
なんなんだ。
どうなっているんだ。
身体がこんな状態なのに、死ねないし、意識も失えないのか。
「そうだよ。アナタが自分でそうしたいって言ったんじゃない」
そんな馬鹿な。俺はこんなこと望んでいない。
ただ「やっぱり死ぬのは嫌だ」と、そう思っただけなのに。
声の主は剥がれ掛けた顔の皮膚をガッと掴み、身体を引きずっていく。
辿り着いた先は傾き掛けた木造マンションの一室だった。
「あー」
「うー」
部屋の至るところから声が聞こえる。
どうやら同じような状態の人間がここにはたくさん押し込められているようだった。
かつて嗅いだことの無いような悪臭が充満している。
腐った肉と内蔵と排泄物と蠢く害虫の臭いだ。
自分の嗅覚がまだ機能していることを心底恨んだ。
臭いは吐き気を誘発するが、胃は肋骨に突き破られ内容物を全て出し尽くしている。
鼻の頭をムカデがカサカサと這っていったが、身体が動かないから追い払うこともできない。
感触からして、今は脳の中を這い回られているようだ。
「見えない。見えない。一体どうなっているの」
隣に置かれている頭だけの女がずっとそう呟いている。
声の主がドアの外にでていった。
「行かないでくれ。こんなところに置いていかないでくれ」
顎が砕けているので、そう口に出すこともできなかった。
「助けてくれ助けてくれ助けてくれ助けてくれ」
そう心の中で唱え続けていたが、同時に誰も助けてくれないことはわかっていた。
永久にこのまま、ここに居なくてはいけないんだろう。
目の前に身体がグズグズに溶けかけて蛆にまみれた男がいる。
男はピクピクと痙攣し続けている。
その度に腐敗臭がこちらまで漂ってくる。
やっぱり死んでしまうべきだった。
強く、強く後悔した。
「死にたい。死にたい。死にたい。死にたい。死にたい。死にたい」
部屋のそこかしこから聞こえてくる低いうめきはその心を代弁しているようだった。



お見合いで



以前付き合っていた彼女の話。
彼女がある男性とお見合いをした。
終始彼女の質問に答えるだけの男性に
「なにか私に聞きたいことはありませんか?」と言ったら
「スリーサイズはいくつですか?」と聞いてきたとき
彼女は「こいつアホか!」と思ったらしい。

SEE YOU NEXT TIME.




プロフィール

松下 旬介

Author:松下 旬介
オムレツ大好き。喋りだしたら止まらない。外見と内面がこれほど違う男もめずらしいと言われます。営業する傍らボランティアでカウンセリングもしてます。あっそうそう。占いも得意です。占ってほしい方はいつでもどうぞ。「ブロとも」大歓迎ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。